○公共用水域が該当する水域類型の指定

昭和四十七年六月十三日

青森県告示第四百五十一号

水質汚濁に係る環境基準について(昭和四十五年四月二十一日閣議決定。以下「環境基準」という。)第一の2の(2)の規定に基づき、別表の水域の欄に掲げる公共用水域が該当する水域類型(環境基準別表二の類型の欄に掲げるものをいう。以下同じ。)同表の該当類型の欄に掲げるとおり指定し、当該水域類型に係る基準値の達成期間を同表の達成期間の欄に掲げるとおり定める。

別表

(平8告示106・一部改正)

公共用水域が該当する水質汚濁に係る環境基準の水域類型の指定

水域

該当類型

達成期間

備考

 

 

 

 

 

岩木川上流(神田橋から上流)

A

 

岩木川水域

岩木川下流(神田橋から下流)

B

平川(全域)

A

浅瀬石川上流(滝ノ股川合流点から上流)

AA

浅瀬石川下流(滝ノ股川合流点から下流であつて、浅瀬石川ダム貯水池に係る部分を除いたもの)

A

浅瀬石川ダム貯水池(全域)

湖沼A

山田川(全域)

A

大秋川(全域)

A

大落前川(全域)

A

虹貝川(全域)

A

飯詰川(全域)

A

 

 

 

 

 

(注)

1 該当類型の欄中、湖沼の表示のあるものは、環境基準の別表2の湖沼の表の類型を、湖沼の表示のないものは、同表の河川の表の類型を示す。

2 達成期間の分類は、次のとおりとする。

(1) 「イ」は、直ちに達成

(2) 「ロ」は、5年以内に可及的速やかに達成

3 備考欄は、当該水域に係る指定水域の名称である。

公共用水域が該当する水域類型の指定

昭和47年6月13日 告示第451号

(平成8年2月21日施行)

体系情報
第4編 環境生活/第5章 環境保全
沿革情報
昭和47年6月13日 告示第451号
平成8年2月21日 告示第106号