○鳥獣保護区の指定

昭和五十七年十月三十日

青森県告示第八百三十六号

鳥獣保護及狩猟ニ関スル法律(大正七年法律第三十二号)第八条ノ八第一項の規定により次のとおり鳥獣保護区を設定したので、鳥獣保護及狩猟ニ関スル法律施行規則(昭和二十五年農林省令第百八号)第二十条の規定により告示する。

1 名称 飯詰鳥獣保護区

2 区域

五所川原市大字毘沙門地内主要地方道五所川原金木線と五所川原市と金木町の市町界との交点を起点とし、同点から同市町界を東に進み津軽森林管理署金木支署の飯詰山国有林一四一林班との交点に至り、同点から国有林班界を東に進み大淵川との交点に至り、同点から同川を南東に進み国有林一二三林班との交点に至り、同点から国有林と民有林との境界を南に進み主要地方道青森五所川原線を横断して更に国有林と民有林の境界を進み坪毛沢林道との交点に至り、同点から同林道を南西に進み飯詰ダム堤体との接点に至り、同点から同堤体を北西に進み主要地方道青森五所川原線との交点に至り、同点から同県道を西に進み主要地方道五所川原金木線との交点に至り、同点から同県道を北に進み起点に至る線で囲まれた区域と飯詰山国有林一〇九班い2及びほ小班、一一八班ち小班、一三五林班から一四一林班の区域一円(図面は別図一のとおり)

3 存続期間

平成十四年十一月一日から平成三十四年十月三十一日まで

1 名称 岩木川鳥獣保護区

2 区域

南津軽郡藤崎町地内県道前坂藤崎線と岩木川右岸堤防との交点を起点とし、同点から同堤防を南東に進み市道駒越悪戸線との交点に至り、同点から同市道を南西に進み県道岩崎西目屋弘前線との交点に至り、同点から同県道を南西に進み岩木川堤防との交点に至り、同点から同堤防を南西に進み村道里見下線との交点に至り、同点から同村道を南に進み村道下五所線との交点に至り、同点から同村道を南に進み県道関ケ平五代線に至り、同点から同県道を南西に進み村道堰根下線との交点に至り、同点から同村道を北西に進み村道山越地形線との交点に至り、同点から同村道を北東に進み県道岩崎西目屋弘前線との交点に至り、同点から同県道を東に進み町道河岸線との交点に至り、同点から同町道を東に進み岩木川堤防との交点に至り、同点から同堤防を北東に進み県道前坂藤崎線との交点に至り、同点から同県道を北東に進み起点に至る線で囲まれた区域一円(図面は別図二のとおり)

3 存続期間

平成十四年十一月一日から平成三十四年十月三十一日まで

1 名称 金屋鳥獣保護区

2 区域

高速自動車道東北縦貫道と黒石市と南津軽郡尾上町との市町界の交点を起点とし、同点から同市町界を北東に進み黒石市と同郡尾上町と平賀町との市町界の交点に至り、同点から同郡尾上町と平賀町との町界を南西に進み高速自動車道東北縦貫道との交点に至り、同点から同縦貫道を北東に進み起点に至る線で囲まれた区域一円(図面は別図三のとおり)

3 存続期間

平成十四年十一月一日から平成三十四年十月三十一日まで

1 名称 小沢鳥獣保護区

2 区域

下北郡脇野沢村大字小沢地内国道三三八号と村道小サ沢二号線との交点を起点とし、同点から同国道を西に進み口広川左岸との交点に至り、同点から同左岸を上流に進み国有林下北森林管理署九四八林班との交点に至り、同点から同林班を北西に進み九四九林班・九四六林班の各林班界と村道小サ沢二号線との交点に至り、同点から同村道を南西に進み起点に至る線で囲まれた区域一円(図面は別図四のとおり)

3 存続期間

平成十四年十一月一日から平成三十四年十月三十一日まで

1 名称 左組鳥獣保護区

2 区域

上北郡七戸町字鶴児平地内町道小山平牧場線と町道山屋左組牧場線との交点を起点とし、同点から町道山屋左組牧場線を南東に進み町道上田左組線との交点に至り、同点から同町道を南西に進み国道三九四号との交点に至り、同点から同国道を西に進み林道山舘線との交点に至り、同点から同林道を西に進み山舘殿上沢歩道との交点に至り、同点から同歩道を北西に進み殿上沢歩道との交点に至り、同点から同歩道を北に進み殿上沢林道との交点に至り、同点から同林道を北東に進み町道作田防災ダム線との交点に至り、同点から同町道を東に進み林道作田川目線との交点に至り、同点から同林道を南東に進み作田川併用林道との交点に至り、同点から同林道を東に進み町道小山平牧場線との交点に至り、同点から同町道を東に進み起点に至る線で囲まれた区域一円(図面は別図五のとおり)

3 存続期間

平成十四年十一月一日から平成三十四年十月三十一日まで

六 削除(谷地頭鳥獣保護区存続期間満了)

1 名称 間木鳥獣保護区

2 区域

上北郡下田町字向山地内町道豊栄間木堤線と町道染屋苫米地線との交点を起点とし、同点から町道豊栄間木堤線を南に進み町道間木堤間木線との交点に至り、同点から同町道を南に進み国道四五号との交点に至り、同点から同国道を西に進み主要地方道八戸野辺地線との交点に至り、同点から同地方道を北西に進み町道染屋苫米地線との交点に至り、同点から同町道を南東に進み起点に至る線で囲まれた区域一円(図面は別図七のとおり)

3 存続期間

平成十四年十一月一日から平成三十四年十月三十一日まで

1 名称 権現崎鳥獣保護区

2 区域

北津軽郡小泊村折戸地内国道三三九号線と村道折戸線との交点を起点とし、同点から西に直進し海岸線との交点に至り、同点から同海岸線を北西に進み小泊川右岸との交点に至り、同点から同川右岸を南東に進み国道三三九号線との交点に至り、同点から同国道を南西に進み起点に至る線で囲まれた区域一円(図面は別図八のとおり)

3 存続期間

平成十四年十一月一日から平成三十四年十月三十一日まで

別図 略

鳥獣保護区の指定

昭和57年10月30日 告示第836号

(平成14年10月30日施行)

体系情報
第4編 環境生活/第7章 自然保護/第4節 鳥獣保護・狩猟
沿革情報
昭和57年10月30日 告示第836号
平成4年10月30日 告示第712号
平成14年10月30日 告示第528号